産経ニュース

【100歳時代プロジェクト・長寿社会を創る(5)】超高齢化に成長の種 移動手段・介護現場に技術革新

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【100歳時代プロジェクト・長寿社会を創る(5)】
超高齢化に成長の種 移動手段・介護現場に技術革新

道の駅にしかたで行われた自動運転実証実験=栃木県栃木市(水野拓昌撮影) 道の駅にしかたで行われた自動運転実証実験=栃木県栃木市(水野拓昌撮影)

 黄金色の稲穂が風にそよぐ田園地帯に延びる市道を5人の乗客を乗せた小型バスが時速10キロほどでゆっくり進む。そのバスにはドライバーの姿はなく、運転席やハンドルさえない-。

 栃木県栃木市の道の駅「にしかた」を拠点に国土交通省が9月7日に行った自動運転の実証実験だ。

 使われた車両は6席の電気自動車。リチウムイオン電池を動力とし、最大速度は時速40キロ。GPS(衛星利用測位システム)などで位置を特定して、カメラとレーダーで障害物を検知する。一度通った道は記憶できる。

 人口減少で過疎化が加速する地方において、自動車の運転ができなくなった高齢者らの移動手段をどう確保するのか。「100歳時代」の課題解決策として大きな期待を集めているのが、国内外の自動車メーカーやIT企業が開発にしのぎを削る自動運転技術だ。

 新しい交通システムを研究する東大大学院新領域創成科学研究科の稗方(ひえかた)和夫准教授(工学)は、車の未来をこう予測する。

 「車を呼ぶと、無人運転の車がやってきて、指定の場所まで運んでくれ、降りると自動制御で帰っていく。運転席はなくなる」

 政府のIT総合戦略本部は完全自動運転の実現時期を「2025年」と見込む。稗方氏は「高速道路を自動走行車だけが走るならそれほど難しくないが、急な車線変更や割り込みへの対応や歩行者との共存は容易でないだろう」と指摘する。高いハードルを乗り越える技術革新がカギを握る。

続きを読む

「ライフ」のランキング