産経ニュース

工学院大が7位でゴール 豪ソーラーカーレース 「悪天候との戦いだった」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


工学院大が7位でゴール 豪ソーラーカーレース 「悪天候との戦いだった」

「ワールド・ソーラー・チャレンジ」を7位でゴールした工学院大チーム=13日、オーストラリア・アデレード(共同) 「ワールド・ソーラー・チャレンジ」を7位でゴールした工学院大チーム=13日、オーストラリア・アデレード(共同)

 オーストラリア大陸を約3千キロ縦断する世界最大級のソーラーカーレース「ワールド・ソーラー・チャレンジ」で、工学院大(東京都)チームが大会6日目の13日、南部アデレードに7位でゴールした。

 今大会は世界19の国と地域から38チームが参加し、8日に北部ダーウィンを出発。12日に4位でゴールした東海大(神奈川県)など日本の4チームはいずれも、1人乗りでタイムを競う「チャレンジャークラス」に出場、太陽光を動力源に日中のみ走行し、野営しながらゴールを目指した。

 工学院大の浜根洋人監督(44)はゴール後「レース中は雨雲の下に入ってしまったり、キャンプ中の真夜中にも激しい雷雨に見舞われたり、悪天候との戦いだった」と述べた上で「苦労した分、学生が成長した」と目を細めた。

 日本からはほかに名古屋工業大(名古屋市)と呉港高校(広島県)が参加。いずれも14日のゴールを目指す。(共同)

このニュースの写真

  • 工学院大が7位でゴール 豪ソーラーカーレース 「悪天候との戦いだった」
  • 工学院大が7位でゴール 豪ソーラーカーレース 「悪天候との戦いだった」

「ライフ」のランキング