産経ニュース

1人暮らしのシニアとペット ともに老いへの備えを

ライフ ライフ

記事詳細

更新


1人暮らしのシニアとペット ともに老いへの備えを

2匹の愛犬に定期的に健康診断を受けさせている飼い主の歌川知子さん(中央)。自分がもしもの場合を考え、愛犬の引受先も決めている=横浜市中区 2匹の愛犬に定期的に健康診断を受けさせている飼い主の歌川知子さん(中央)。自分がもしもの場合を考え、愛犬の引受先も決めている=横浜市中区

 万一に備え引き受け手を探す

 飼い主が病気やけが、要介護状態になる可能性もある。ペットとともに生活できなくなった場合にも備えたい。ペットと一緒に入居できる介護付き有料老人ホームなどもあるが、内容や契約条件はさまざま。場合によっては、新しい飼い主を見つける必要にも迫られる。

 歌川さんによると、10歳のポロ君は持病やかみ癖のある少し難しい性格。また、2歳のレオ君はおとなしいが、皮膚が弱く湿疹ができやすい。歌川さんは自身の年齢を考え、どちらの愛犬も将来自分で飼えなくなった場合に備えて、知り合いの中から引き受け手を確保しているという。

 「人と犬にも相性がある。相性のよい人を見つけて事前に頼んでおくことで、私が飼えなくなったときに安心してお願いできる」と歌川さんは話していた。

続きを読む

「ライフ」のランキング