産経ニュース

【怖い絵展】(中)中野京子さんが読み解く 眠りの恐怖「夢魔」で視覚化

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【怖い絵展】
(中)中野京子さんが読み解く 眠りの恐怖「夢魔」で視覚化

ヘンリー・フューズリ「夢魔」 1800~10年頃 油彩・カンヴァス ヴァッサー大学、フランシス・リーマン・ロブ・アート・センター蔵 (c)Frances Lehman Loeb Art Center, Vassar College, Poughkeepsie, New York,Purchase, 1966.1 ヘンリー・フューズリ「夢魔」 1800~10年頃 油彩・カンヴァス ヴァッサー大学、フランシス・リーマン・ロブ・アート・センター蔵 (c)Frances Lehman Loeb Art Center, Vassar College, Poughkeepsie, New York,Purchase, 1966.1

 だが何より凄(すご)いのは、女性の腹の上に座る異形の怪物のどっしりした存在感だ。江戸川乱歩曰(いわ)くの、「うつし世は夢、夜の夢こそまこと」の言葉どおり、この化け物こそが現実で、はかない夢の住人なのは眠る女のほうではないか-とすら思えてくる。

 怪物の耳のあたりでとぐろを巻くのは蛇かもしれない。ごつごつした額の下で光る目は感情のない魚眼のようで、どこを見ているのかわからないのに、どこまでも視線が追いかけてくる。白目の部分は赤らんで濁る。

 「夢魔」はフランス革命前後の不穏なヨーロッパ情勢を象徴するものと捉えられ、フューズリ自身の数点のバージョンはもちろん、版画も多く刷られて、人々の意識に浸透していった。初来日の本作の、今なお古びない魅力を味わっていただきたい。

                   

 「怖い絵」展は12月17日まで、上野の森美術館(東京都台東区)で開催中。

関連ニュース

「ライフ」のランキング