産経ニュース

心を打つ小さな声「生の根源をめぐる四つの個展」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


心を打つ小さな声「生の根源をめぐる四つの個展」

篠原道生「青い地球をみつめて」1991年 篠原道生「青い地球をみつめて」1991年

会になじめず、孤独に生きた彼らにとって創作こそが生きる証しだった。

 山本以外の3人は足利市の出身。彼らの作品の一部が、同館が昨年開催した「画家の詩、詩人の絵」展に出品された後、所蔵家や遺族から寄贈されたことで本展が実現した。

 派手に活動することなく、ひそかに去っていった表現者たちの小さな声が心を打つ。(渋沢和彦)

                   

 22日まで、月曜休、一般600円。(電)0284・43・3131。

「ライフ」のランキング