産経ニュース

【衆院選】安倍晋三首相の「大義」 子育て支援公約に厳しい目 保育園不足、財源…「真剣に考えろ!」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【衆院選】
安倍晋三首相の「大義」 子育て支援公約に厳しい目 保育園不足、財源…「真剣に考えろ!」

街頭演説を行う安倍晋三首相=11日(田中万紀撮影) 街頭演説を行う安倍晋三首相=11日(田中万紀撮影)

 世間の声に押される形で、各党はこぞって子育て政策に傾注し始めた。しかし財源はどうするのか。消費増税を充てるにしても、借金返済の先送りにすぎず、将来世代に付けを回すことになる。まして消費増税を凍結してしまえば、どこから財源を捻出しようというのか。有権者からはこうした批判も聞かれる。

 ■「いす取りゲーム」

 今月4日、子育て中の保護者ら約130人が都内に集まり、待機児童対策について会合を催した。

 「苦労の歴史」と自嘲気味に語るのは、3人の子供を持つ東京都大田区の小学校教諭、広岡亮子さん(40)。9歳と4歳に加え、今年2月に男の子が生まれたが、「保育園に入れるという自信が全くない」と眉をひそめる。

 子育て世代の悩みは深刻だ。SNS(会員制交流サイト)で「#保育園に入りたい」の投稿を呼びかける東京都武蔵野市の3児の母、天野妙さん(42)は待機児童問題を「ママたちのいす取りゲーム」と表現。「今回の選挙で『子育て政策をどうするか』と政治家に直接問いただしてほしい。そうすれば政治家も真剣に考える」と提言する。

 ■「幸福の物差しで」

 一方、少子化はそもそも未婚者が増えていることにも原因があるが、選挙戦では見過ごされている。

続きを読む

「ライフ」のランキング