産経ニュース

日本原燃で保安規定違反 再処理工場で雨水流入のトラブル

ライフ ライフ

記事詳細

更新


日本原燃で保安規定違反 再処理工場で雨水流入のトラブル

使用済み核燃料再処理工場の審査を巡り、原子力規制委に出席した日本原燃の工藤健二社長=11日午前、東京都港区 使用済み核燃料再処理工場の審査を巡り、原子力規制委に出席した日本原燃の工藤健二社長=11日午前、東京都港区

 日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(青森県)で8月、非常用電源建屋に雨水約800リットルが流入するトラブルがあり、原子力規制委員会は11日の定例会合で、原燃が長期間にわたって施設の巡視と点検を怠っていたとして保安規定違反に当たると判断した。ウラン濃縮工場(同県)でも排気ダクトの腐食が見つかり、平成4年の操業開始以来、点検が行われていなかったなどとして保安規定違反だと指摘した。

 原燃の工藤健二社長は定例会合に出席して謝罪。施設の総点検を行い、安全審査が終盤を迎えていた再処理工場の補正申請を先送りすることを表明した。規制委員からは「安全確保上の問題が改善できないなら、しかるべき対応を取る」などと厳しい意見が出され、更田(ふけた)豊志委員長は定例会見で「経営トップが表明した危機感を重くとらえ、点検が完遂されるか見守りたい」と述べた。

 再処理工場は使用済み核燃料から再利用可能なウランやプルトニウムを取り出す、核燃料サイクルの中核施設。9年に完成予定だったが、トラブルや新規制基準対応で23回延期され、現在の30年上半期の完成目標も困難視されている。

「ライフ」のランキング