産経ニュース

両陛下、戦没船員慰霊の能楽ご鑑賞

ライフ ライフ

記事詳細

更新


両陛下、戦没船員慰霊の能楽ご鑑賞

能楽「海霊」を鑑賞のため、皇居・東御苑の桃華楽堂に到着された天皇、皇后両陛下と秋篠宮ご夫妻、高円宮妃久子さま=11日午後(代表撮影) 能楽「海霊」を鑑賞のため、皇居・東御苑の桃華楽堂に到着された天皇、皇后両陛下と秋篠宮ご夫妻、高円宮妃久子さま=11日午後(代表撮影)

 天皇、皇后両陛下は11日、皇居・東御苑の桃華楽堂を訪れ、先の大戦中に戦禍に見舞われた民間船員の慰霊を題材とした能楽「海霊(かいれい)」を鑑賞された。秋篠宮ご夫妻、高円宮妃久子さまが陪席された。

 先の大戦では日本軍に徴用され、武器輸送などの任務中だった商船や漁船などが米軍の爆撃に遭い、約6万人が戦死。昭和46年3月、神奈川県横須賀市の観音崎公園内に「戦没船員の碑」が建立され、追悼式が毎年行われている。

 海霊は、徴用船の元船長が第1回の追悼式に合わせて創作。両陛下はこの追悼式に参列していたが、激しい雨で現場での上演が取りやめとなったため、翌月に当時の住まいだった東宮御所に元船長らを招き、初めてご覧になっていた。

 両陛下はその後も戦没船員に心を寄せ続け、平成12年の第30回追悼式で海霊を鑑賞したほか、戦後70年だった27年の第45回追悼式にも「慰霊の旅」の一環で足を運ばれていた。

 この日は、海を守る霊を演じた能楽師の寺井栄さんが鎮魂と平和を祈って舞うのに見入り、拍手を送られた。上演後には、寺井さんに「ご苦労さまでした」と声をかけられたという。

このニュースの写真

  • 両陛下、戦没船員慰霊の能楽ご鑑賞

「ライフ」のランキング