産経ニュース

【トランプ政権】米、温室効果ガス規制撤廃へ 「石炭に対する戦争終わった」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【トランプ政権】
米、温室効果ガス規制撤廃へ 「石炭に対する戦争終わった」

プルイット米環境保護局(EPA)長官(AP) プルイット米環境保護局(EPA)長官(AP)

 【ワシントン=塩原永久】トランプ米政権は9日、オバマ前政権が温室効果ガス削減を目指して導入した規制「クリーン・パワー・プラン」の撤廃手続きを10日に始めることを明らかにした。同プランは石炭火力発電所の二酸化炭素(CO2)排出量に上限を設ける内容で、トランプ氏は石炭産業を衰退させるなどとして、3月に見直しを指示していた。

 プルイット環境保護局(EPA)長官が9日、全米有数の石炭産出地、ケンタッキー州で演説。「石炭に対する戦争は終わった」と述べ、同プランを撤廃する文書に10日に署名する方針を表明した。

 オバマ政権が2015年に決めた同プランは、既存の火力発電所から排出されるCO2を30年までに05年比で32%減らす内容。オバマ政権は地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」で、温室効果ガスの排出量を25年までに05年比26~28%削減すると宣言。同プランを目標達成のための中核的な政策と位置づけてきた。

 米国は中国に次ぐ世界2位の温室効果ガス排出国で、国際的な取り組みが後退する恐れもある。環境団体や州政府関係者から訴訟を起こす動きも出ている。

「ライフ」のランキング