産経ニュース

「合格」の柏崎刈羽原発に潜入! 構内の至る所に足場 安全対策工事に追われる作業員

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「合格」の柏崎刈羽原発に潜入! 構内の至る所に足場 安全対策工事に追われる作業員

柏崎刈羽原発7号機の原子炉格納容器内。中央の円筒形の設備は圧力容器の一部=9月26日 柏崎刈羽原発7号機の原子炉格納容器内。中央の円筒形の設備は圧力容器の一部=9月26日

 原子力規制委員会が4日、東京電力の柏崎刈羽原発6、7号機が新規制基準に適合したとする審査書案を了承し、事実上の「合格」とした。次の焦点は再稼働をめぐる地元の同意に移る。ただ、条件付きで容認する立地自治体の柏崎市や前向きな刈羽村と異なり、新潟県の米山隆一知事は3~4年を要する福島第1原発事故に関する県の検証が終わらないかぎり議論できないとの立場を堅持し、当分は「凍結状態」が続く。安全審査の申請から丸4年。全7基、総出力821万2千キロワットと世界最大級の規模を誇る同原発に、東電が事故の教訓をどう生かし、安全対策を進めてきたのか。現地で確かめた。(松崎翼)

海抜15メートルの防潮堤

 同原発には年間約3万人が見学に訪れる。原発の構内には、ガイドツアーに参加した市民らが乗る大型バスも行き交う。もっとも、構内には一般の工場見学のように気軽には入れない。敷地の入り口で警備員が車内に乗り込み、危険物がないかなどを入念にチェックする。東電の社員が運転する車両も例外ではなく、同様の検査を受ける。自然と緊張感が高まった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「合格」の柏崎刈羽原発に潜入! 構内の至る所に足場 安全対策工事に追われる作業員
  • 「合格」の柏崎刈羽原発に潜入! 構内の至る所に足場 安全対策工事に追われる作業員
  • 「合格」の柏崎刈羽原発に潜入! 構内の至る所に足場 安全対策工事に追われる作業員

関連ニュース

「ライフ」のランキング