産経ニュース

【怖い絵展】〝ブラッディ・マリー〟が最初に処刑した「イングランド初の女王」 劇的、謎深まる悲劇のヒロイン…「レディ・ジェーン・グレイの処刑」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【怖い絵展】
〝ブラッディ・マリー〟が最初に処刑した「イングランド初の女王」 劇的、謎深まる悲劇のヒロイン…「レディ・ジェーン・グレイの処刑」

ロンドン・ナショナル・ギャラリーの学芸員、クリストファー・リオペルさん(岡部伸撮影) ロンドン・ナショナル・ギャラリーの学芸員、クリストファー・リオペルさん(岡部伸撮影)

 ウオッカをベースにトマトジュースを混ぜたカクテル「ブラッディ・マリー」の由来はイングランド女王、メアリー1世(1516~58年)の異名にある。カトリックのメアリーは300人ものプロテスタントを処刑したことから、「血まみれメアリー」と呼ばれたからだ。メアリーが即位後、最初に処刑したのが自分より先に「イングランド初の女王」を宣言したジェーン・グレイ(1537~54年)だった。

 ジェーン・グレイが王冠をいただいたのはわずか9日間。反逆罪で投獄され、カトリックへの改宗を拒んだため7カ月後、ロンドン塔の断頭台に散った。わずか16歳と4カ月のはかない人生だった。

                ■   ■

 約300年後、フランスの歴史画家、ポール・ドラローシュ(1797~1856年)が処刑寸前のジェーンを描いたのが「レディ・ジェーン・グレイの処刑」だ。ロンドン・ナショナル・ギャラリーを代表する名画だが、このほど日本に初上陸し、上野の森美術館(東京都台東区)で7日に開幕する「怖い絵」展で公開される。

続きを読む

「ライフ」のランキング