産経ニュース

【クローズアップ科学】開発進むミミズ型ロボット 特技は穴掘り 都市や月面で活躍へ

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【クローズアップ科学】
開発進むミミズ型ロボット 特技は穴掘り 都市や月面で活躍へ

ミミズ型ロボット ミミズ型ロボット

 体を前後に伸び縮みさせて移動するミミズ。一見、非効率にみえるが、狭い穴を進むには最適だ。この動きをまねたミミズ型ロボットは牽引(けんいん)力が強く、内部にカメラなどを挿入できる利点もあり、医療や宇宙など多くの分野で実用化が近づいている。(原田成樹)

人工筋肉で再現

 ロボットは人型だけでなく、さまざまな動物を模倣したものが開発されている。東京電力福島第1原子力発電所の事故調査では、がれきなどの障害物があっても潜り込めるヘビ型が投入されたが、中央大の中村太郎教授はヘビに似て非なるミミズに着目した。

 ミミズは、体を区切る節がそれぞれ膨らんだりすぼんだりする動きと、前後方向の伸び縮みが組み合わさった「蠕動(ぜんどう)」と呼ばれる方法で移動する。

 中村教授は、この動きを「人工筋肉」などで再現したミミズ型ロボットの開発に取り組んでいる。体の節に見立てたゴム製のチューブを連結し、空気の出し入れによって伸縮させて前に進む力を生み出す。

 ヘビや尺取り虫が体をくねらす空間が必要なのに対して、ミミズは多少膨らむが体を真っすぐ動かせるため、狭い穴にも入れる。このためミミズ型ロボはヘビ型などと比べ穴の内壁に接する面積が多く、摩擦が効くため牽引力が強い。内部が空洞なので物を出し入れできるのも特徴だ。

続きを読む

「ライフ」のランキング