産経ニュース

【電通初公判】「働き方改革」電通教訓に 元労働基準監督官の北岡大介氏

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【電通初公判】
「働き方改革」電通教訓に 元労働基準監督官の北岡大介氏

電通違法残業事件の初公判を終えての報道対応で、一礼する電通の山本敏博社長=22日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ 電通違法残業事件の初公判を終えての報道対応で、一礼する電通の山本敏博社長=22日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

 元労働基準監督官で社会保険労務士の北岡大介氏の話「電通のような大企業の社長が、法廷で過重労働の責任を認めて謝罪したことは、社会全体に『働き方改革』の機運が高まる中、高く評価することができる。社長が公判で言及したように、サービス品質の向上は従業員の努力だけでなく、上司や組織としての会社が労務環境を整えることでも得られる。今回の事件は、世間の注目度も高く、他企業への影響も大きい。各企業の人事労務担当者には電通を教訓とし、引き続き労務環境の改善に努めてもらいたい」

関連トピックス

「ライフ」のランキング