産経ニュース

【電通初公判】「社長の言葉信じられない」まつりさん母傍聴 「働き方改革」道半ば

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【電通初公判】
「社長の言葉信じられない」まつりさん母傍聴 「働き方改革」道半ば

電通違法残業事件の初公判後、死亡した高橋まつりさんの写真とともに会見する母、幸美さん=22日午後、東京都千代田区(飯田英男撮影) 電通違法残業事件の初公判後、死亡した高橋まつりさんの写真とともに会見する母、幸美さん=22日午後、東京都千代田区(飯田英男撮影)

 「本当は娘が亡くなったということについて(裁判の中で)会社を責めたいと思った。ただむなしい」。過労自殺した電通の新入社員、高橋まつりさん=当時(24)=の母、幸美さん(54)は22日、公判後に記者会見でこう心境を述べた。法廷ではまつりさんの弟と弁護士と3人で傍聴、裁判所から特別に席を確保されていた。

 「電通のおざなりな対応、社益を優先して労働者の心身の健康を顧みない会社の姿勢が引き起こした犯行だ」。検察側のこうした論告を聞きながら、幸美さんは「その通りだ」とハンカチで涙をそっとぬぐった。電通の山本敏博社長が法廷で「労働改革を実行する」との決意を述べても、高橋さんは「にわかに社長の言葉を信じることはできない。娘の入社前も立派な計画があった」と不信感が募ったという。

 まつりさんの過労死事件が、世間の労働に対する見方を抜本的に変えたのは間違いない。しかし政府の「働き方改革」は、道半ばの状態だ。残業時間の罰則規制を盛り込んだ労働基準法の改正案は今秋、臨時国会に上程されるはずだったが、衆院の解散で頓挫する見込み。早期の改革を求める過労死遺族は忸怩たる思いを抱えている。

続きを読む

関連トピックス

「ライフ」のランキング