産経ニュース

【茨城「正論」友の会】「藤井四段、過去の天才より強い」 プロ棋士の田中寅彦九段が講演

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【茨城「正論」友の会】
「藤井四段、過去の天才より強い」 プロ棋士の田中寅彦九段が講演

講演するプロ棋士の田中寅彦九段=16日、水戸市大町(鴨川一也撮影) 講演するプロ棋士の田中寅彦九段=16日、水戸市大町(鴨川一也撮影)

 茨城県から日本のあるべき姿を考える「茨城『正論』友の会」(会長・幡谷祐一県信用組合会長)の第11回講演会が16日、水戸市大町の県信用組合本店で開かれた。「中学生棋士・藤井聡太が羽生善治を超える日~天才棋士の育て方」と題して、元日本将棋連盟専務理事でプロ棋士の田中寅彦九段が講演し、藤井四段の強さの秘密や平成8年に史上初めて7タイトルを独占した羽生二冠との比較、天才の育成法、今後の将棋界の動向について解説した。

 講演会には県内の市議や産経新聞の正論路線に賛同する読者、将棋ファンら約70人が参加。講演に先立ち、産経新聞社正論調査室の大野正利次長が「空前の将棋ブーム、その中心にいる中学生棋士の藤井四段について、田中九段に解説していただく」とあいさつした。

 講演で田中九段は史上最年少でプロに入った藤井四段について「若くしてプロになった棋士は他にもいるが、比べものにならないくらい強い」と称賛し、「まだ経験が浅く、(相手にも)研究され始めている。これからが本当の勝負だ。3~5年の間にはタイトルを取るのではないか」と展望した。

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング