産経ニュース

千葉県警、17年ぶりに職質大会が復活へ 犯罪抑止のイロハ、若手へ伝承

ライフ ライフ

記事詳細

更新


千葉県警、17年ぶりに職質大会が復活へ 犯罪抑止のイロハ、若手へ伝承

 千葉県警は各警察署の地域課に所属する警察官を対象に職務質問の技能向上を図る大会「職務質問技能検証会(仮称)」を年内にも実施する。職質の大会が復活するのは17年ぶり。県警は巡査部長や警部補に昇任する若手警察官を優先的に各署の地域課に配属するなど現場執行力の強化を図っており、犯罪の摘発や抑止で重要な職務質問の技能向上につなげる。ベテラン警察官の大量退職で採用が増えた若手警察官に必要な技能を伝え、全体の底上げを図る狙いもありそうだ。

 県警地域課によると、平成12年までは同じような各署で職質技能を競う大会があったが、事前に参加者や職務質問のシチュエーションが決まっており、参加者がほぼ固定されるなど「全体の底上げにつながっていない」として、一旦中断していた。復活する大会は参加者も抜き打ちで決め、シチュエーションも当日まで明らかにしないとしている。

 県警によれば、県内の刑法犯認知件数はここ数年減り続けているのに比べ、地域部門による摘発人数は目立った減少傾向にない=表参照。地域部門の職務質問技術を維持・底上げすることは、犯罪摘発やその抑止を図る上で重要な課題となっていた。

続きを読む

「ライフ」のランキング