産経ニュース

【O157】なかった→印字したモノを紛失→パソコンにはある…「でりしゃす六供店」マニュアルの所在で二転三転

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【O157】
なかった→印字したモノを紛失→パソコンにはある…「でりしゃす六供店」マニュアルの所在で二転三転

閉鎖した店舗の張り紙を読む女性=14日、前橋市六供町の「でりしゃす六供店」(橋爪一彦撮影) 閉鎖した店舗の張り紙を読む女性=14日、前橋市六供町の「でりしゃす六供店」(橋爪一彦撮影)

 亡くなった東京都の女児(3)を含め11人の感染者を出した前橋市の「でりしゃす六供店」。衛生管理面でのずさんさが指摘される中、厚さ1センチという立派なマニュアルをめぐり、「なかった」「印字したものを紛失した」「パソコンにはある」など所在の確認が変転する事態に。店側のマニュアル管理のぞんざいさが浮き彫りになった格好だ。

 8月23日に同店の立ち入り調査を行った前橋市は30日の会見で、同店にマニュアルが「なかった」とした。ところが、その後の調査で「印刷しファイリングされたものを紛失していた」と修正。店側は「パソコンにはデータとして入っている」としている。

 8月23日の調査の際、同店は店長も立ち会ったにも関わらず印刷されたマニュアルを提出できなかった。このため「なかった」としたが、他店舗にはあったことから、同店が紛失したと修正した。

 マニュアルは厚さ約1センチで食品衛生、食材の保管やレシピのほか、O157やサルモネラ菌などを防止する殺菌方法も記載されているという。

続きを読む

「ライフ」のランキング