産経ニュース

【O157】群馬県が露出販売の指針策定へ 緊急連絡会議を開催

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【O157】
群馬県が露出販売の指針策定へ 緊急連絡会議を開催

関係者らを前にあいさつする中村広文・群馬県食品衛生課長ら=15日、群馬県庁(吉原実撮影) 関係者らを前にあいさつする中村広文・群馬県食品衛生課長ら=15日、群馬県庁(吉原実撮影)

 埼玉、群馬両県の系列総菜店の商品を食べた客が腸管出血性大腸菌O157に感染、前橋市の「でりしゃす六供店」の総菜を食べた女児(3)が死亡した問題で、群馬県は15日、県内の主要保健所などを集めた緊急連絡会議を開催、今回のような露出販売での衛生管理の指針を新たに策定することを決めた。各保健所と協力し、1カ月以内の策定を目指す。

 指針は、客が自分で食品を盛りつける露出販売の総菜店などを対象に食品の並べ方や、トングの使い方などについて、具体的な衛生対策を独自に定める予定。

 飲食店などの衛生管理は県食品衛生法施行条例で定めているが、「内壁、天井、床は清潔に保つ」「まな板は消毒する」といったおおまかなもので、主に調理従事者が対象だ。

 今回の死亡事案では2次感染の可能性も指摘されていることから、県食品・生活衛生課は「調理従事者だけではなく購入者も含めた対応を盛り込みたい。早急に作りたい」としている。ただ、細部は今後、各関係機関や保健所などと相談し、決めていくという。

続きを読む

「ライフ」のランキング