産経ニュース

「被告は普通のおじさん」「死刑でよかったのか」 裁判員経験者の声、1冊に…「守秘義務議論の契機に」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「被告は普通のおじさん」「死刑でよかったのか」 裁判員経験者の声、1冊に…「守秘義務議論の契機に」

 同書では、評議の内容などに関する守秘義務や、裁判員の心の負担ケアなど、制度の課題も検証。執筆を担当した牧野茂弁護士は「守秘義務があることで、経験を語ることを躊躇(ちゅうちょ)する人もいる」とし、「裁判員の負担と意義の両面を伝えることが、増加傾向にある辞退率の改善などにもつながるはずだ」と指摘する。

 同ネットは17日、青山学院大学の総研ビル(東京都渋谷区)で公開シンポジウムを開催する。午後1時半~5時。事前申し込み不要。参加費は500円。

「ライフ」のランキング