産経ニュース

「どきどき」「息切れ」もしかして心房細動?  40%が無症状!自分で脈を取ってみよう

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「どきどき」「息切れ」もしかして心房細動?  40%が無症状!自分で脈を取ってみよう

草野研吾部長(共同) 草野研吾部長(共同)

 自覚症状は「どきどきする」「胸が苦しい」「階段を上るのがきつい」「息が切れる」など。ただ「全く症状がなく長期間気付かないことも多い。心房細動が起きている人の約40%は自覚症状がない」と草野さんは注意を促す。

 1年間で45万人も

 この病気では、心房内で血がよどみ、血栓ができやすくなることが知られている。それがはがれて運ばれ、脳の血管に詰まる「心原性脳塞栓(そくせん)症」は、脳梗塞全体の約3割を占め、近年その割合が増加しているという。

 草野さんによると、治療は抗不整脈薬や血栓をできにくくする抗凝固薬を服用。根治のために、血管から挿入したカテーテルを使って誤信号を発する場所を高周波電流で焼くなどする「アブレーション」も選択肢だ。国内では年間6万例を超える実績がある。

 同センターの小久保喜弘予防健診部医長によると、センターでは地元・吹田市の協力を得て、住民基本台帳から30~70代の男女を無作為抽出する方法で大規模な疫学研究を実施した。「心筋梗塞や脳卒中で同様の大規模疫学調査はあったが、心房細動では欧米のデータしかなかった」という。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「どきどき」「息切れ」もしかして心房細動?  40%が無症状!自分で脈を取ってみよう

「ライフ」のランキング