産経ニュース

気仙沼のサンマまつり、不漁で中止 日本有数の水揚げも「必要な量が確保できない」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


気仙沼のサンマまつり、不漁で中止 日本有数の水揚げも「必要な量が確保できない」

昨年の「大船渡サンマまつり」の模様=2016年10月8日、大阪市中央区(志儀駒貴撮影) 昨年の「大船渡サンマまつり」の模様=2016年10月8日、大阪市中央区(志儀駒貴撮影)

 日本有数のサンマ水揚げ量を誇る宮城県気仙沼市で17日に開催予定だったイベント「海の市サンマまつり」が、不漁の影響で中止されることが14日決まった。サンマ2千匹を炭火焼きにして無料で振る舞う内容だったが、気仙沼港へのサンマ漁船の入港が見込めないためだ。

 主催者によると、当初は10日に開催を予定していたのを、水揚げを待とうといったん17日に延期した。しかし、今後もサンマ漁船の入港が見込めず「16日までに必要な量を確保できない」として、開催を断念した。

 市によると、気仙沼港でのサンマ水揚げは昨年度、約1万3500トンあったが、今季は8月に3回、9月に1回しか入港しておらず、水揚げは185トンにとどまっている。

 イベントを主催する気仙沼産業センターは「楽しみにしていたお客さまにご迷惑を掛け、申し訳ない」としている。

関連ニュース

「ライフ」のランキング