産経ニュース

世界遺産・平等院、スター・ウォーズ“最初で最後の”屏風&狂言 映画新作に合わせ披露

ライフ ライフ

記事詳細

更新


世界遺産・平等院、スター・ウォーズ“最初で最後の”屏風&狂言 映画新作に合わせ披露

「スター・ウォーズ」をモチーフにしたびょうぶとライアン・ジョンソン監督=12日、京都府宇治市の平等院 「スター・ウォーズ」をモチーフにしたびょうぶとライアン・ジョンソン監督=12日、京都府宇治市の平等院

 映画「スター・ウォーズ」の新作「最後のジェダイ」が12月に公開されるのを前に、シリーズをモチーフにした屏風(びょうぶ)が12日、京都府宇治市の平等院で披露された。ライアン・ジョンソン監督や登場キャラクター「カイロ・レン」らも完成を祝った。

 屏風は、地元出身の武人画師、こうじょう雅之さん(39)が制作。映画のロボット「R2-D2」「C-3PO」などを水墨画で描いた。

 作品をヒントにした狂言も公演。古典演目「文荷」に、大蔵流狂言師の茂山千三郎さん(53)が作中のキャラクターをイメージして声を加工するなどのアレンジを加えた。ライアン監督は「屏風は目を見張る美しさ。狂言も素晴らしいパフォーマンスだ」と拍手した。

 屏風は宇治市で公開される予定。

「産経 日本を楽しむプロジェクト」SNSアカウント

公式SNSアカウント

Facebook Twitter

このニュースの写真

  • 世界遺産・平等院、スター・ウォーズ“最初で最後の”屏風&狂言 映画新作に合わせ披露
  • 世界遺産・平等院、スター・ウォーズ“最初で最後の”屏風&狂言 映画新作に合わせ披露

「ライフ」のランキング