産経ニュース

過去最大規模の年金支給漏れ 大半は共済年金加入者

ライフ ライフ

記事詳細

更新


過去最大規模の年金支給漏れ 大半は共済年金加入者

社会保障審議会の部会で、約598億円の年金支給漏れについて報告した厚労省と日本年金機構の幹部ら=13日午後、東京都千代田区 社会保障審議会の部会で、約598億円の年金支給漏れについて報告した厚労省と日本年金機構の幹部ら=13日午後、東京都千代田区

 598億円という過去最大規模の年金支給漏れが13日、明らかになった。支給漏れのケースは、夫婦のいずれかが公務員などの共済年金に加入していた場合がほとんど。共済年金と厚生年金が一元化されていく過程で、「振替加算」の対象者の情報共有が不十分だったことなどが原因で、一般のサラリーマンが加入する厚生年金では起きないケースだった。

 共済年金は国家公務員、地方公務員や私立学校の職員などがそれぞれ設立した組合から支給される。共済では、厚生年金と同じように計算した場合の「報酬比例部分」の額に加え、共済独自の「職域年金相当額」が支給されてきた。厚生年金よりも保険料率が低いこともあり、「公務員優遇」との批判があった。

 被用者年金一元化法により、平成27年10月から共済年金は厚生年金に一元化し、官民格差の是正が図られた。現役の公務員は自動的に厚生年金に移り、65歳以上のOBは引き続き共済年金を受け取っている。

「ライフ」のランキング