産経ニュース

【教育動向】地理の学習で「持続可能な社会づくり」を

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【教育動向】
地理の学習で「持続可能な社会づくり」を

「SDGs」といえば、タレントのピコ太郎さんが外務省の求めに応じて国連の国際フォーラムで歌と踊りを披露したニュースを覚えているかたも多いことでしょう。

「持続可能な開発目標」のことで、地球環境の変動や災害、不平等、貧困などの課題を乗り越えて、世界中が今後も発展を続けていけるよう、国連が17項目の目標を定めています。これが次期学習指導要領で、地理をはじめとして学校教育の大きな目標の一つとなるというのですから、無関心ではいられません。

教科横断的な学習としても

3月に告示された小・中学校の次期指導要領は、総則の前文で、一人ひとりの児童生徒が「自分のよさや可能性を認識するとともに、あらゆる他者を価値のある存在として尊重し、多様な人々と協働しながら様々な社会的変化を乗り越え、豊かな人生を切り拓(ひら)き、持続可能な社会の創り手となることができるようにすることが求められる」としています。

中にはESD(持続可能な開発のための教育)という言葉を聞いたことがある保護者もいるかと思います。既に「ユネスコスクール」など一部の学校で取り組まれている教育活動を、全校に広げようというわけです。そして、それがグローバル社会を担う地球市民には必須の資質・能力だ……という認識が、そこにはあります。

ESDは、次期指導要領が目指す教科横断的な学習の代表例とも言うべきものです。環境をはじめ、国際理解、気候変動、生物多様性、防災など多様な学習内容がありますから、社会科はもとより、理科や家庭科、外国語科、道徳科、総合的な学習の時間など、関連する教科を連携させて学習に取り組むことが期待されます。

続きを読む

「ライフ」のランキング