産経ニュース

【原坂一郎の子育て相談】激しくかむ…「その行為はよくない」ということ伝えて

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【原坂一郎の子育て相談】
激しくかむ…「その行為はよくない」ということ伝えて

 Q 1歳3カ月になる娘がいます。歯が生え、離乳食もよく食べてくれてうれしいのですが、最近、私の腕をよくかむようになりました。かむ力が強くて、歯形がついたり、ミミズ腫れになったりすることもあります。子供を怒ってもいいでしょうか。

 A たとえ赤ちゃんでも、かまれたら痛いですよね。ミミズ腫れになるくらいなら、相当痛かったと思います。

 1歳前後のかみ癖は、攻撃の手段としてではなく、「かんだ感触がいい」「かまってほしかっただけ」「『痛いっ!』などと言うその反応が楽しい」の場合が多いようです。放っておいても、「すぐに人をかむ子供」になったりはしないのでご安心ください。

 かまれたとき、その痛さのあまり、思わず手をたたいたりするお母さんもいますが、赤ちゃんは驚いて泣くだけで、しつけの効果はありません。けれども、ただ我慢をすればいい、という問題でもないですので、「その行為はよくない」ということは伝えましょう。痛いときに優しく諭すのは難しいですよね。「メッ!」「ダメ!」などの短い言葉をやや大きな声で言い、人さし指を立て、子供の唇を軽くたたくように当ててみてください。これで何を叱られているかわかりやすくなります。普段優しく接しているママほど効果があり、「かんだときだけはいつもと違う」と感じ、「これってよくないこと?」と思い始めます。そのあとは、すぐに元の優しいママに戻ってくださいね。

続きを読む

「ライフ」のランキング