産経ニュース

【広角レンズ】闘病テーマの漫画続々 がん、心の病…「人ごとではない」体験談に共感

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【広角レンズ】
闘病テーマの漫画続々 がん、心の病…「人ごとではない」体験談に共感

堀江良文堂書店松戸店で開催された闘病漫画フェア=千葉県松戸市 堀江良文堂書店松戸店で開催された闘病漫画フェア=千葉県松戸市

 がんや脳梗塞など「闘病」をテーマにした漫画が続々と出版されている。今年1月発売の『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』(KADOKAWA)が30万部超えのヒットを記録するなど売れ行きも好調だ。背景には、漫画の特長である「読みやすさ」に加え、ストレスを感じやすい社会情勢や長時間労働などにより、病気が「人ごとではない」という共感がありそうだ。(本間英士)

                  

 『ふんばれ、がんばれ、ギランバレー!』(たむらあやこ)、『漫画家、パーキンソン病になる。』(島津郷子)、『33歳漫画家志望が脳梗塞になった話』(あやめゴン太)…。書店では近年、さまざまな種類の闘病漫画が並ぶ。

 「漫画家自身の体験を描いた作品は、確かに増えています。私も『こんなにあるんだ』と驚きました」。8月中旬まで、闘病漫画の特設コーナーを設けていた堀江良文堂書店松戸店(千葉県松戸市)の書店員、渡辺健(たけし)さんはこう語る。主な購買層は30~40代だが、10代の若者や高齢者など幅広い世代が購入したという。

「題材」心の支え

 「自分は元気と思っている人ほど油断しがち。誰もが突然病気になる可能性があることを、漫画を通じて心の片隅に置いてくれれば」。こう訴えるのは、漫画家の岡田有希さんだ。

続きを読む

「ライフ」のランキング