産経ニュース

【健康カフェ(95)】便潜血検査 「陽性」なら早めに精密検査を

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【健康カフェ(95)】
便潜血検査 「陽性」なら早めに精密検査を

 糖尿病で通院する50代男性が、人間ドックの結果を持参しました。便潜血検査で陽性と出ていたので、「大腸の精密検査を受けないといけないですね」と話したところ、「血便が出ていなくても受けないといけないですか?」とおっしゃいます。

 大腸がんは日本人に最も多いがんで、10人に1人がかかると推計されています。年に約5万人が亡くなり、がんによる死亡の中で女性は1位、男性は3位となっています。

 大腸がんは早期発見・治療ができるがんで、他の臓器への転移がない早期に発見され治療が受けられれば、5年生存率は8割を超えています。しかし、残念ながら日本の大腸がん検診の受診率は40%と低い状況です。また、健診で精密検査を勧められた人の3割以上が検査を受けていないとの報告もあります。

 では、便潜血検査で陽性と判定されたときに、いつまでに検査を受ければいいのでしょうか。これについて調べた研究が4月に米国で報告されました。これは、50~70歳の大腸がん検診を受けた人のうち、検査で陽性だった約7万人を対象に、判定されてから内視鏡検査を受けるまでの期間と大腸がんの進行度合いを検討したものです。

続きを読む

「ライフ」のランキング