産経ニュース

赤ちゃんがかかる「RSウイルス」、東京で感染過去最多に 異例の大流行で1番荒川区、次に八王子市

ライフ ライフ

記事詳細

更新


赤ちゃんがかかる「RSウイルス」、東京で感染過去最多に 異例の大流行で1番荒川区、次に八王子市

 乳幼児に肺炎などを引き起こす「RSウイルス感染症」の東京都内の週ごとの定点医療機関あたりの患者報告数が過去最多の3・18人に到達したことが10日、東京都の集計で分かった。すでに流行期に入っているとみられ、国立感染症研究所なども注意を呼びかけている。

 都感染症情報センターによると、3日までの1週間の患者報告数は820人。都内264ある定点医療機関(小児科)あたりの報告数は前週比27%増の3・18人で、調査を開始した平成15年以降では最も多かった。例年9月ごろから増加する患者数が今年は7月10日から増えており、依然増加傾向だ。

 保健所別では、荒川区が9・50人で最も多い。さらに八王子市(8・73人)、台東(7・00人)、墨田区(5・80人)、多摩小平(4・73人)、南多摩(4・67人)、池袋(4・50人)、新宿区(4・43人)、世田谷(4・25人)、目黒区(4・00人)、江東区(3・63人)、中野区(3・50人)、大田区(3・33人)と続く。最少は葛飾区(0・88人)。

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング