産経ニュース

元横浜市教育委員長、運動の実態を証言 教科書採択で個人攻撃や辞任要求

ライフ ライフ

記事詳細

更新


元横浜市教育委員長、運動の実態を証言 教科書採択で個人攻撃や辞任要求

今田忠彦氏 今田忠彦氏

 小学校道徳の教科書採択で、「教育出版」が発行する教科書の不採択運動が相次いでいたことが明らかになったが、「愛国的」などとレッテル貼りされた教科書への批判は苛烈だ。今年3月まで4期14年にわたり、国内最大規模の採択区である横浜市教委の委員・委員長を務めた今田忠彦氏(73)が産経新聞の取材に応じ、同市教委が育鵬社や自由社の教科書を採択した際、個人攻撃や辞任要求を受けるなどした不採択運動の実態を証言した。

 中学歴史・公民教科書の採択をめぐり議論が巻き起こった平成23年夏。横浜市教委の8月4日の採択には傍聴定員20人をはるかに上回る約700人が詰めかけ、会場周辺は騒然とした雰囲気となった。

 「あの日は緊張感があった。特定の教科書を『採用するな』という要請が殺到していたが、バランス良く公正に判断しようと各教科書を徹底比較して臨んだ」と振り返る。

続きを読む

「ライフ」のランキング