産経ニュース

木の枝!?ヨタカ公開 どうぶつ王国 栃木

ライフ ライフ

記事詳細

更新


木の枝!?ヨタカ公開 どうぶつ王国 栃木

 カエルのような口、木の枝のような体、フクロウのような姿形-。そんな不思議な鳥、オーストラリアガマグチヨタカが那須どうぶつ王国(栃木県那須町大島)で公開されている。同園では初の展示となる。

 フクロウに似ているが、猛禽(もうきん)類ではなく、ヨタカの仲間。オーストラリア、タスマニア、ニューギニア南部などに生息する。夜行性で日中は木の枝に擬態。危険を感じると、直立した姿勢で体を伸ばして静止し、あたかも枝のように見える“変身名人”だ。

 体長約30センチ、体重約300グラムの雄と雌のペアが「熱帯の森」のガラス展示場で午前10時~午後4時半に公開されている。問い合わせは同園(電)0287・77・1110。

「ライフ」のランキング