産経ニュース

書類の「性別欄」165件を見直し 埼玉・越谷市 性的少数者に配慮

ライフ ライフ

記事詳細

更新


書類の「性別欄」165件を見直し 埼玉・越谷市 性的少数者に配慮

 埼玉県越谷市は今月、人権尊重などの観点から性的少数者に配慮し、申請書や通知書などの性別欄の記載方法の見直しを始めた。

 同市によると、3月以降に庁内の計80課を調査した結果、性別欄の記載がある申請書類を317件確認。このうち、法令による定めや統計上で必要なものを除き、165件で見直しが可能と判断した。

 従来の性別欄は男女をチェックする方法などだったが、性別欄そのものの削除や性別欄を空白にして自分で記載したり、性別欄に回答しないという選択肢を設けるなどの見直しを決め、既に市長の手紙など3件を見直した。

 残る見直し可能な162件のうち、127件は今年度中に必要なシステム改修や規則などの改正を行う方針。残る35件は平成30年度に予算措置が必要なものなどで、同年度中に実施するという。

「ライフ」のランキング