産経ニュース

【福島第1原発】「生々しい」 新潟県の米山知事が視察 原発事故検証で協力要請

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【福島第1原発】
「生々しい」 新潟県の米山知事が視察 原発事故検証で協力要請

東京電力福島第1原発を視察する新潟県の米山隆一知事(右から2人目)=4日午後(東電提供) 東京電力福島第1原発を視察する新潟県の米山隆一知事(右から2人目)=4日午後(東電提供)

 新潟県の米山隆一知事は4日、東京電力福島第1原発を就任後初めて視察した。終了後「非常に生々しかった。二度と事故を起こさないために、よく事故を検証すべきだと感じた」と述べ、東電柏崎刈羽原発6、7号機(同県柏崎市、刈羽村)の再稼働の是非に関する判断に生かす考えを示した。視察に先立ち、米山知事は福島県庁で内堀雅雄知事と会談し、新潟県が進めている第1原発事故の原因や健康への影響などの検証に協力を求めた。

 福島第1原発で米山知事は東電の小早川智明社長らの案内で1~4号機の原子炉建屋などを見て回った。「起こったこと以上のことを想定して備える必要を感じた」と指摘し、県が独自で取り組んでいる福島第1原発事故の検証作業について「実感を持ってできる」と意義を強調した。

 廃炉作業の拠点となっている新事務本館では、東電の社員約350人を前に「廃炉に向けた仕事が福島の未来、日本の未来をつくるのは間違いない」と激励した。

 米山知事は福島第1原発の視察前に、事故で避難区域となった福島県浪江町の請戸地区を訪問。「人々の暮らしの場を見ても、やはり事故は起こしてはいけないと実感した」と話した。

続きを読む

「ライフ」のランキング