産経ニュース

釧路沖で調査捕鯨始まる

ライフ ライフ

記事詳細

更新


釧路沖で調査捕鯨始まる

北海道・釧路港に水揚げされたミンククジラ=4日午後 北海道・釧路港に水揚げされたミンククジラ=4日午後

 北西太平洋のミンククジラの生息状況を探る沿岸域での調査捕鯨が4日、北海道・釧路沖で始まり、1頭が釧路港に水揚げされた。77頭を上限に10月末まで調査する。

 水産庁によると、水揚げされたのは体長約8・5メートル、重さ約6・4トンの雌。捕獲は1日から始める予定だったが、台風15号の影響で延期されていた。釧路港から半径約55キロの海域で捕獲し、胃の内容物や年齢などを調べ、資源管理に役立てる。

 調査捕鯨は、地域捕鯨推進協会(福岡市)が主体となり実施。水産庁は北西太平洋地域で年間170頭のミンククジラを捕獲する計画を国際捕鯨委員会(IWC)科学委員会に提出している。沿岸域での上限頭数は80頭で、青森県八戸市沖では7~8月に3頭を捕獲した。

「ライフ」のランキング