産経ニュース

【ニュースの深層】外国人受け入れ拡大は“神の一手”か…「いくら人がいても足りない」 介護現場のいまを見る

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ニュースの深層】
外国人受け入れ拡大は“神の一手”か…「いくら人がいても足りない」 介護現場のいまを見る

 平成37(2025)年に約38万人のスタッフが不足すると推計される日本の介護現場。不足を補うため、介護施設で外国人の受け入れを拡大する改正出入国管理・難民認定法が1日に施行され、介護福祉士の国家資格を持つ外国人が日本で働けるようになった。現場では人材の先細りに対応するため、負担軽減や作業の合理化で改善を図るも「理想」とするサービスの質には及ばない状況だ。「いくら人がいても足りない」との声も漏れる中、今回の法改正は“神の一手”となるのか-。介護現場のいまを見て歩いた。(社会部 福田涼太郎)

「人手があれば…」

 「どうもありがとうね」

 東京都町田市の社会福祉法人「合掌苑」が運営する特別養護老人ホーム。食堂でおやつ後のくつろぎの時間を過ごす入居者の女性から握手を求められ、統括リーダーの介護福祉士、江口寛征さん(40)は差し出された女性の手を両手で優しく握る。手を離した直後、再び女性から「握手して」と求められ、江口さんはまた応じる。その後も同じやり取りが繰り返される。

 その横では黙って挙手し続ける別の女性入居者。女性は声を出すことができないといい、江口さんは50音表を取り出し、用件を指し示すよう促しながら「おトイレですか?」などと質問する。

続きを読む

このニュースの写真

  • 外国人受け入れ拡大は“神の一手”か…「いくら人がいても足りない」 介護現場のいまを見る
  • 外国人受け入れ拡大は“神の一手”か…「いくら人がいても足りない」 介護現場のいまを見る
  • 外国人受け入れ拡大は“神の一手”か…「いくら人がいても足りない」 介護現場のいまを見る
  • 外国人受け入れ拡大は“神の一手”か…「いくら人がいても足りない」 介護現場のいまを見る
  • 外国人受け入れ拡大は“神の一手”か…「いくら人がいても足りない」 介護現場のいまを見る

「ライフ」のランキング