産経ニュース

【日本再発見 たびを楽しむ】名水の里 観光振興(熊本県菊池市) 温泉・ウオーキング あふれる魅力

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【日本再発見 たびを楽しむ】
名水の里 観光振興(熊本県菊池市) 温泉・ウオーキング あふれる魅力

自然に囲まれた「清流荘」の露天風呂(熊本県菊池市) 自然に囲まれた「清流荘」の露天風呂(熊本県菊池市)

 阿蘇山のふもと、熊本県菊池市は豊かな自然に恵まれた名水の里だ。歴史も古く、平安時代末期から戦国時代まで、約450年にわたって活躍し、最盛期には九州一円に勢力を及ぼした豪族「菊池一族」を生んだ土地でも知られる。見逃せないのはやはり温泉だろう。「日本名湯百選」に数えられる菊池温泉は、柔らかく肌に優しい泉質を持つ。神経痛やリウマチなどに効能があるといわれ、美容に効果があることから「化粧の湯」の異名を取り、女性客のリピーターも多い。

 温泉を堪能するには、1枚につき1人1カ所の入浴ができる3枚一組の「周湯券」(税込み1000円)がお得だ。これで9カ所の温泉施設をめぐることができる。

 菊池市はコメやメロンの名産地としても名高い。景勝地としても定評があり、特に「菊池渓谷」は年間30万人が訪れていたが、平成28年4月に発生した熊本地震の影響で、立ち入り禁止となってしまった。入谷再開のメドは立っていないものの、渓谷に入れなくても街の楽しみ方は幾通りもあり、市を挙げて観光振興に取り組んでいる。

 10月21日には、2回目となるウオーキングイベント「きくち歩き愛(め)です」が開催される。地域活性化を目的に全国各地で展開しているイベントで、経済評論家の西村晃氏が企画している。参加者は専用の歩数計を持って健康推進に取り組むのが特徴だ。西村氏は「コスモスを見ながらのウオーキングは秋の行楽として絶好です」と語る。

 本紙では「歩き愛です」への参加、温泉旅館への宿泊をセットにした特別ツアーを予定している。

「産経 日本を楽しむプロジェクト」SNSアカウント

公式SNSアカウント

Facebook Twitter

「ライフ」のランキング