産経ニュース

【マンスリー囲碁】井山超えた!!17歳「虎丸」頭角 史上最速でタイトル獲得、七段昇段

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【マンスリー囲碁】
井山超えた!!17歳「虎丸」頭角 史上最速でタイトル獲得、七段昇段

芝野七段が優勝した竜星戦は9月25日に囲碁・将棋チャンネルで放映される=日本棋院提供 芝野七段が優勝した竜星戦は9月25日に囲碁・将棋チャンネルで放映される=日本棋院提供

 第26期竜星戦の決勝(7月31日)で、芝野虎丸三段(17)が今春の十段戦五番勝負挑戦者の余正麒七段(22)を破り優勝した。年齢や性別制限がない全棋士参加のタイトル戦を17歳8カ月で制するのは、井山裕太六冠(28)の16歳4カ月=平成17年の阿含・桐山杯=に次ぐ2番目の若さ。プロ入り2年11カ月でのタイトル獲得とそれに伴う七段昇段は、いずれも史上最速だ。

 芝野七段は神奈川県出身。26年9月に14歳でプロ入り。翌年には勝率8割を超える驚異的な成績を挙げ、勝率第1位賞に輝いた囲碁界のホープだ。第一人者の井山六冠を抜く、プロ最速優勝という快挙に、「他の棋戦でいいところまで行きながら勝てなかったので、まさか優勝できるとは。想像もしてなかった」と率直に喜びを語った芝野七段。「優勝の味は?」と問われると、「味は…しないです」とはにかみながら答えて周囲を爆笑させる素朴さも魅力の一つだ。

続きを読む

「ライフ」のランキング