産経ニュース

【映画深層】日本語で創作した詩人たちのその後… 台湾映画「日曜日の散歩者 わすれられた台湾詩人たち」は異色のドキュメンタリー

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【映画深層】
日本語で創作した詩人たちのその後… 台湾映画「日曜日の散歩者 わすれられた台湾詩人たち」は異色のドキュメンタリー

台湾映画「日曜日の散歩者 わすれられた台湾詩人たち」を手がけた●(=黄の旧字体)亞●(=歴の木がそれぞれのぎ)監督(藤井克郎撮影) 台湾映画「日曜日の散歩者 わすれられた台湾詩人たち」を手がけた●(=黄の旧字体)亞●(=歴の木がそれぞれのぎ)監督(藤井克郎撮影)

 この映画を撮るまでは、日本語が理解できないばかりか、日本への関心もそれほどなかった。そんな●(=黄の旧字体)亞●(=歴の木がそれぞれのぎ)(ホアン・ヤーリー)監督(39)が手がけた8月19日公開の台湾映画「日曜日の散歩者 わすれられた台湾詩人たち」は、ほとんどのせりふが日本語で語られている異色のドキュメンタリーだ。来日した●(=黄の旧字体)監督は「私自身、この映画を通して、日本と台湾の関係において、かつてこういう時期があったという理解を深めることができた」と振り返る。

「見た後はへとへとだった」

 映画はドキュメンタリーとうたっているが、不思議な感覚に彩られている。テーマは、1930年代、日本統治時代の台湾で、日本語によるモダニズムの詩を創作していた団体「風車詩社」のメンバーの文学性にその後の運命だ。

 日本に留学していた彼らは、日本の文学者と交流する中で西洋モダニズム文学に触れ、故郷の台南で同人雑誌「風車」を創刊。日曜になると街を散歩しながら詩や文学について語り合ったが、プロレタリア文学が主流だった当時の台湾では彼らの詩は理解されず、1年半で活動を休止する。やがて戦争が始まり、日本は敗戦。戦後は国民党政府の白色テロによって主要メンバーが銃殺されるなど、歴史の陰に埋もれていた。

 映画では、そんな「風車詩社」のメンバーが書いた詩を日本語と中国語の字幕付きで紹介するとともに、彼らに関する写真、時代を象徴する映像や音楽、さらには再現シーンと、幅広い手法で表現する。驚くのは詩の朗読だけでなく、再現シーンのせりふなどもほとんどが日本語で語られることで、外国映画としては極めて珍しいといえる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 日本語で創作した詩人たちのその後… 台湾映画「日曜日の散歩者 わすれられた台湾詩人たち」は異色のドキュメンタリー
  • 日本語で創作した詩人たちのその後… 台湾映画「日曜日の散歩者 わすれられた台湾詩人たち」は異色のドキュメンタリー
  • 日本語で創作した詩人たちのその後… 台湾映画「日曜日の散歩者 わすれられた台湾詩人たち」は異色のドキュメンタリー
  • 日本語で創作した詩人たちのその後… 台湾映画「日曜日の散歩者 わすれられた台湾詩人たち」は異色のドキュメンタリー
  • 日本語で創作した詩人たちのその後… 台湾映画「日曜日の散歩者 わすれられた台湾詩人たち」は異色のドキュメンタリー
  • 日本語で創作した詩人たちのその後… 台湾映画「日曜日の散歩者 わすれられた台湾詩人たち」は異色のドキュメンタリー
  • 日本語で創作した詩人たちのその後… 台湾映画「日曜日の散歩者 わすれられた台湾詩人たち」は異色のドキュメンタリー
  • 日本語で創作した詩人たちのその後… 台湾映画「日曜日の散歩者 わすれられた台湾詩人たち」は異色のドキュメンタリー

「ライフ」のランキング