産経ニュース

【夏休み特別インタビュー】イケメン実力派棋士・佐々木勇気六段 「きっかけは中耳炎」藤井聡太四段対局で注目

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【夏休み特別インタビュー】
イケメン実力派棋士・佐々木勇気六段 「きっかけは中耳炎」藤井聡太四段対局で注目

「あれだけ報道陣に囲まれる対戦はもうないですよ」と藤井聡太四段との対局を振り返る佐々木勇気六段(宮川浩和撮影) 「あれだけ報道陣に囲まれる対戦はもうないですよ」と藤井聡太四段との対局を振り返る佐々木勇気六段(宮川浩和撮影)

 将棋の佐々木勇気六段(23)=当時五段=は、デビューから無敗の最年少棋士、藤井聡太四段(15)の連勝を29で止めたイケメンにして実力派の棋士だ。「あれだけ報道陣に囲まれる対戦はもうないですよ」。藤井四段との対局を静かに振り返る。

大舞台での勝ち

 〈「負けました」。7月2日午後9時21分、藤井四段がデビュー後、初めて投了(負けを認める)した。東京・千駄ケ谷の将棋会館4階特別対局室。第30期竜王戦決勝トーナメント2回戦だった〉

 --藤井四段の連勝記録を止めました

 「せっかく藤井さんと戦うなら大舞台がいいと思っていました。それが竜王戦とは、舞台が整い過ぎているぐらいでした」

 --なにしろ100人以上の報道陣が殺到しました

 「スペースがありませんでしたね、マスコミの人が多過ぎて。でも、藤井さんは結構、冷静・沈着だった。藤井さんには、あれ(多くのマスコミ)が当たり前でしたからね。あれだけの人数の報道陣に囲まれる対戦は、もうないですよ」

 --ご自身の対局前に、藤井四段の対局の場に行きましたね

 「私は対局場の雰囲気を大事にするタイプです。あらかじめ藤井四段の対局の雰囲気を知っておこうと、2局ほど見に行きました。行っておいてよかったです。他の棋士は、下見には行かないものなんですね」

続きを読む

このニュースの写真

  • イケメン実力派棋士・佐々木勇気六段 「きっかけは中耳炎」藤井聡太四段対局で注目
  • イケメン実力派棋士・佐々木勇気六段 「きっかけは中耳炎」藤井聡太四段対局で注目
  • イケメン実力派棋士・佐々木勇気六段 「きっかけは中耳炎」藤井聡太四段対局で注目

「ライフ」のランキング