産経ニュース

【正論・戦後72年に思う】戦後初めて日本は、米国追随でなく自らの意思で将来を構想しなければならない岐路に立たされた 京都大学名誉教授・佐伯啓思

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【正論・戦後72年に思う】
戦後初めて日本は、米国追随でなく自らの意思で将来を構想しなければならない岐路に立たされた 京都大学名誉教授・佐伯啓思

京都大学名誉教授・佐伯啓思氏 京都大学名誉教授・佐伯啓思氏

≪平和・従米・繁栄がワンセット≫

 戦後72年である。ただ1945年の8月15日には戦闘は終結したものの、その後、日本は連合国の占領下におかれるので、主権国家としての「戦後」は52年4月28日に始まる。戦後65年が正確なところであろう。従って、占領下という、戦時中でもなく戦争終了後でもない、いかにも中途半端な「戦後」に生まれた者も、おおよそ高齢者というカテゴリーになだれ込み、年金やら介護やらで、社会と財政のお荷物になりつつある。

 本人たちは、戦後日本を支え、平和国家を実現し、経済成長を達成したのは、この中途半端な戦後世代の努力の賜物(たまもの)だ、というかもしれない。これまでの貢献とこれからの負荷と、どちらが大きいかは不明であるとしても、「戦後」を象徴する一つの世代が徐々に退場することに間違いはない。

 実は、私もこの中途半端な戦後世代に属するので、この年になると、改めて戦後とはどういう時代だったのか、と考えたりもする。

 戦後をかりに52年から始めるとすれば(沖縄ならば72年からということになるだろうが)、ひとまず大きくまとめると、それは、憲法上の平和主義と安全保障上の対米従属と経済上の物的繁栄がワンセットとなった時代であった。

続きを読む

「ライフ」のランキング