産経ニュース

日航機墜落32年 「息子が山で待っているから」高齢夫婦、体力衰えても墓標へ一歩ずつ

ライフ ライフ

記事詳細

更新


日航機墜落32年 「息子が山で待っているから」高齢夫婦、体力衰えても墓標へ一歩ずつ

次男、裕史君の墓標がある「御巣鷹の尾根」に向かう滝下政則さんと史代さん夫妻=12日、群馬県上野村 次男、裕史君の墓標がある「御巣鷹の尾根」に向かう滝下政則さんと史代さん夫妻=12日、群馬県上野村

 野球に熱中していた小学6年の次男が日航機墜落事故で亡くなってから32年。東京都大田区の滝下政則さん(77)と史代さん(74)夫妻は、体の衰えを感じながら現場の「御巣鷹の尾根」(群馬県上野村)に登り続けている。「夏になると(次男が)山に戻って待っているから」。12日も墓標への道を一歩ずつ進んだ。

 3人きょうだいの末っ子だった次男、裕史君=当時(11)=は負けず嫌いで目立ちたがり屋。プロ野球巨人のファンで毎晩、政則さんと一緒にバットを振った。身長は140センチに満たなかったが、学校のチームで正捕手の座をつかみ取った。昭和60年8月12日。あの日も試合があり、勝って帰宅すると兵庫の親戚宅に1人で行きたいと訴えた。「度胸があるところを見せたかったのでしょう」と政則さん。急いで航空券を予約した。

 羽田空港のロビーでコーラ飲料をせがまれた。スポーツに炭酸は厳禁と思って飲ませていなかったが、この日ばかりは許した。「おいしいね」と笑顔の裕史君。小さな体にリュックを背負い「行ってきます」と声を弾ませてゲートに向かった。

 事故機に乗せた後悔は消えない。でも政則さんは「あの時に飲ませてあげてよかった」と思う。

続きを読む

このニュースの写真

  • 日航機墜落32年 「息子が山で待っているから」高齢夫婦、体力衰えても墓標へ一歩ずつ

「ライフ」のランキング