産経ニュース

「だから群馬は…」 公募したのに仮称の“官製”名を採用 「県境稜線トレイル」に失望の声

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「だから群馬は…」 公募したのに仮称の“官製”名を採用 「県境稜線トレイル」に失望の声

仮称だった「ぐんま県境稜線トレイル」が正式名称になり、あいさつする群馬県の大沢正明知事=11日、群馬県立森林公園「21世紀の森」(久保まりな撮影) 仮称だった「ぐんま県境稜線トレイル」が正式名称になり、あいさつする群馬県の大沢正明知事=11日、群馬県立森林公園「21世紀の森」(久保まりな撮影)

 「山の日」の11日、群馬県立森林公園「21世紀の森」(沼田市、川場村)で行われたイベントで群馬県は新潟、長野県境の約100キロの稜線トレイルの正式名称を「ぐんま県境稜線トレイル」に決定した。稜線トレイルはググっとぐんま観光キャンペーンの目玉企画の一つ。名称も公募にして盛り上げ効果をはかってきたが結局、仮称として使ってきた“官製”名を、そのまま使うことに。関係者からは「これだから群馬は…」とため息も漏れた。(久保まりな)

 名称は群馬県が5月から6月中旬にかけて公募した。県内外から693点の応募があり、山岳団体などでつくる「ぐんま県境稜線トレイル検討委員会」で最終候補を5つに絞り、県が仮称と合わせて検討した。応募作の4割が県外からだった。

 残った5つは、「ぐんま天空トレイル」「ぐんまパノラマトレイル」「ぐんま県境稜線トレイル100」「上信越国境トレイル」「ぐんまやまなみトレイル」。応募者からは「稜線歩きをしていると空を散歩している気分になるから」(天空トレイル)▽「山が連なっているから」(やまなみトレイル)▽「絶景を存分に楽しんでもらいたいとの願い」(パノラマトレイル)-など、それぞれが作品に“夢”を込めて提案していた。

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング