産経ニュース

抗がん剤の残薬活用へ 厚生労働省が安全基準策定へ 数百億円単位の医療費削減も

ライフ ライフ

記事詳細

更新


抗がん剤の残薬活用へ 厚生労働省が安全基準策定へ 数百億円単位の医療費削減も

新型がん治療薬「オプジーボ」 新型がん治療薬「オプジーボ」

 厚労省の調査研究では、残薬の活用に関し、(1)細菌汚染防止の観点から安全性確保に必要な条件(2)実際に廃棄率が減るかどうか(3)作業が煩雑になり医療過誤に影響しないか(4)廃棄ロス減少のための小瓶の開発可能性(5)複数回の使用を前提とした薬剤開発の在り方-などを探る。研究の成果は残薬活用の安全基準に反映させる方針だ。

 残薬をめぐっては、別の患者に残薬を使用しても1人に1瓶ずつ使ったことにして医療費を請求しているケースが確認されている。日本病院薬剤師会の調査では、こうした事案で過大に医療費を受け取っている医療機関が18%にも上った。厚労省は7月末、別の患者に残薬を使用した場合、使用量に応じた医療費の請求を徹底するよう、都道府県などに向け通知を出している。

「ライフ」のランキング