産経ニュース

栃木・那須で「山の日」記念式典 雪崩事故受け「安全に注意」決意新た

ライフ ライフ

記事詳細

更新


栃木・那須で「山の日」記念式典 雪崩事故受け「安全に注意」決意新た

「山の日」記念全国大会の歓迎フェスティバルでは、ツリークライミング体験が行われた=11日、栃木県那須町寺子乙の同町余笹川ふれあい公園(伊沢利幸撮影) 「山の日」記念全国大会の歓迎フェスティバルでは、ツリークライミング体験が行われた=11日、栃木県那須町寺子乙の同町余笹川ふれあい公園(伊沢利幸撮影)

 昨年から祝日となった「山の日」の11日、栃木県那須町で「山の日」記念全国大会が開かれた。同町では3月、登山講習会に参加した高校生ら8人が雪崩に巻き込まれて犠牲となっており、参加者は事故を踏まえ、安全に注意し、山を楽しむ決意を新たにした。

 記念式典で福田富一知事は「間もなくお盆がやってくるが、改めて犠牲者の冥福を祈り、二度とこのような事故が起きないよう県を挙げて最大限取り組んでいきたい」と述べた。

 続いて行われたシンポジウムでは登山家、野口健さんが「登山自粛よりも教訓としながら、どう次の世代につなげていくかが、自分を含めて山に関わる関係者の大きな役割」と話した。

 記念全国大会は同町文化センターで記念式典とシンポジウムを開催。近くの同町余笹川ふれあい公園で歓迎フェスティバルが開かれた。

 式典のメーンアトラクションでは父親が宇都宮市出身という女優、小林綾子さんがナビゲーターを務め、映像で那須の山の魅力を紹介。「山の日」コンサートもあり、栃木県出身の作曲家、船村徹さんがプロデュースした歌「山はふるさと」を歌手の加藤登紀子さんと那須野が原少年少女合唱団が歌った。

 来年の大会は中国地方最高峰・大山(1729メートル)がある鳥取県で開催。平井伸治知事に大会のシンボル「山の日帽」が手渡された。

このニュースの写真

  • 栃木・那須で「山の日」記念式典 雪崩事故受け「安全に注意」決意新た
  • 栃木・那須で「山の日」記念式典 雪崩事故受け「安全に注意」決意新た
  • 栃木・那須で「山の日」記念式典 雪崩事故受け「安全に注意」決意新た
  • 栃木・那須で「山の日」記念式典 雪崩事故受け「安全に注意」決意新た
  • 栃木・那須で「山の日」記念式典 雪崩事故受け「安全に注意」決意新た

「ライフ」のランキング