産経ニュース

食事メニューで夏バテ防止 肉や野菜をプラス

ライフ ライフ

記事詳細

更新


食事メニューで夏バテ防止 肉や野菜をプラス

 うだるような夏の暑さもピークとなるこの時期、食欲が落ちてしまう人も少なくない。しかし、冷たいものばかり食べていると栄養が偏って、余計に疲れやすく、だるさを感じる体になってしまう。夏バテしないための食事はどこに気をつければ良いのか。(油原聡子)

◆水分をこまめに

 夏の暑さで起こる、だるさや食欲低下などの体の不調。立命館大の海老久美子教授(スポーツ栄養学)は「脱水や栄養不足、消化力低下など複数の原因が重なって起こると考えられます」と指摘する。

 かき氷など冷たいものばかり食べていると、消化能力が落ちて食欲が低下する。また、のどごしの良いそうめんなどは糖質が中心で、タンパク質やミネラルなどの栄養素に欠ける。環境的な要因もある。「室内が冷房で涼しいため、外との大きな温度差で自律神経が乱れてしまうことも影響しています」と海老教授。

 まず意識したいのが水分補給だ。のどが渇く前にこまめな補給を心がける。「補給が遅いとガブ飲みになりがち。胃が水でいっぱいになると食欲低下につながります」と海老教授。

 水分は食べ物からも補給できる。野菜や果物はビタミンやミネラルも豊富なので、おやつに取るのもお薦め。スイカやキュウリなどに塩をふれば、水分も塩分も補給できる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 食事メニューで夏バテ防止 肉や野菜をプラス

「ライフ」のランキング