産経ニュース

ドローンでカワウ撃退! 空気銃も効果 巣のコロニー、拡大阻止

ライフ ライフ

記事詳細

更新


ドローンでカワウ撃退! 空気銃も効果 巣のコロニー、拡大阻止

ドローン(左)に追われて飛び立つカワウ=桐生市の渡良瀬川 ドローン(左)に追われて飛び立つカワウ=桐生市の渡良瀬川

 ヤマメやアユの人気釣り場である群馬県桐生市の渡良瀬川で、カワウの食害に頭を悩ませる両毛漁協が4月から6月にかけ、川の上にドローンを飛ばし、ぶら下げたスピーカーから爆音を響かせ、カワウを追い払った。駆除対策には他に空気銃を使う方法など現場では試行錯誤が続く。

 同漁協組合長の中島淳志さん(45)は「カワウは大食漢で1羽が1日に500グラムの魚を食べる」と言い、川岸の木々にカワウが1カ所で500~600羽の巨大コロニーをつくり、放流された稚魚を捕食するという。500グラムはヤマメの稚魚200匹分にも及ぶ。

 中島さんは「ドローンで追い払う効果は確認できたが、相手は生き物。制限がある中、いろいろなことをやり続けないといけない」と話す。

 音でカワウを追い払うというのは、中央水産研究所内水面研究センター(栃木県日光市)の研究員、坪井潤一さん(38)のアイデア。「ドローンでカワウの生息地にロケット花火を落とすことを考えたが、法規制で火薬を使えず、爆音を使ってみた」と話す。これは一定の効果を上げたが、カワウは逃げても、「学習効果で危害が及ばないことが分かると戻ってくる」(坪井さん)。

続きを読む

「ライフ」のランキング