産経ニュース

犬のしつけを飼い主に指導する「犬はともだち」 川添千絵

ライフ ライフ

記事詳細

更新


犬のしつけを飼い主に指導する「犬はともだち」 川添千絵

犬のしつけを顧客(右)に指導する「犬はともだち」の川添千絵社長=横浜市中区 犬のしつけを顧客(右)に指導する「犬はともだち」の川添千絵社長=横浜市中区

 ■大切なのは「強いリーダー」

 むやみに人をかんだり、ほえたりする犬の行動を改善させるためのトレーニングを手掛ける。犬を直接しつけるのではなく、自らは飼い主を指導する。これまでに千件以上に関わってきた。

 飼い主に対しては、犬に「強いリーダー」と認識させるため、どのような態度を示すべきかに主眼を置く。「常に上位者であると示し続けることが重要で、頼れるリーダーがそばにいることで犬も安心する」

 例えば散歩の際、飼い主が犬の後を追うのではなく、あくまで自らがリードする。犬が勝手な方向に向かおうとしても、つないだひもを引いたり強く声をかけたりして、行き先に導く。

 「犬は外敵に対抗できる群れを維持することを最優先する。そのために強いリーダーが必要と考える」と話す。飼い主が弱く見えると、自分がリーダー役になろうとして、家族にもかみつくなどの行動を起こす。

 犬の鳴き声をめぐり、周辺の住民とトラブルになる飼い主もいる。顧客からは、手に負えずに手放すことも考えていたところ「訓練を続けたことで落ち着くようになり、留守にしても心配がなくなった」との声が寄せられた。

続きを読む

「ライフ」のランキング