産経ニュース

初の民間ロケット打ち上げ失敗 発射直後に不具合 堀江貴文氏ら創業の宇宙ベンチャー

ライフ ライフ

記事詳細

更新


初の民間ロケット打ち上げ失敗 発射直後に不具合 堀江貴文氏ら創業の宇宙ベンチャー

北海道大樹町の実験場から打ち上げられる「インターステラテクノロジズ」の小型ロケット=30日午後4時30分 北海道大樹町の実験場から打ち上げられる「インターステラテクノロジズ」の小型ロケット=30日午後4時30分

 宇宙ベンチャーのインターステラテクノロジズ(北海道大樹町)が自社開発した小型ロケット「MOMO(モモ)」初号機が30日午後4時半ごろ、同町の発射場から打ち上げられたが、発射直後に不具合が生じた。打ち上げは失敗したとみられる。

 同社関係者の公式ツイッターによると、発射直後に通信が途絶し、エンジンを緊急停止させた。機体は海上に墜落し、打ち上げは失敗したもようだ。

 MOMOは国内の民間企業が単独開発した初の宇宙ロケットで、政府が推進する民間宇宙ビジネスの旗手として期待されていた。

 計画では、打ち上げ約4分後に高度100キロ以上の宇宙空間に到達。その後は地球の重力で落下し、同約7分後に大樹町から東南東約50キロの太平洋に着水して、機体は船で回収される予定だった。

 MOMOはエタノールと液体酸素を燃料に使う1段式のロケットで、全長10メートル、重量約1トン。重さ20キロの荷物を搭載でき、今回は観測装置などを積んでいた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 初の民間ロケット打ち上げ失敗 発射直後に不具合 堀江貴文氏ら創業の宇宙ベンチャー
  • 初の民間ロケット打ち上げ失敗 発射直後に不具合 堀江貴文氏ら創業の宇宙ベンチャー
  • 初の民間ロケット打ち上げ失敗 発射直後に不具合 堀江貴文氏ら創業の宇宙ベンチャー
  • 初の民間ロケット打ち上げ失敗 発射直後に不具合 堀江貴文氏ら創業の宇宙ベンチャー

「ライフ」のランキング