産経ニュース

知的障害者がネット放送局 日本初、自ら出演・制作

ライフ ライフ

記事詳細

更新


知的障害者がネット放送局 日本初、自ら出演・制作

障害福祉事業所の一角に設けたスタジオで番組を収録する「パンジーメディア」の知的障害者ら=大阪府東大阪市(未来氏撮影) 障害福祉事業所の一角に設けたスタジオで番組を収録する「パンジーメディア」の知的障害者ら=大阪府東大阪市(未来氏撮影)

 出演者も制作スタッフも知的障害者という「日本初」のインターネット放送局が開設された。知的障害者は話をするのが苦手な人が多く、意見が表に出ることは少なかったが「私たちのことを知ってほしい」と声を上げている。相模原市の入所施設で19人が殺害された事件から26日で1年。地元でも、知的障害者のグループが新たな活動に取り組んでいる。

 ◆ドラマ制作

 入所施設でプラスチック部品の組み立て作業をする障害者たち。一人が「もうできないよ」と訴えると、職員にトイレに閉じ込められる-。

 ネット放送局「パンジーメディア」(大阪府東大阪市)が制作したドラマの一場面だ。

 この番組は、東大阪市で地域生活を送る障害者たちが、利用する通所事業所の支援を受け、昨年9月から月1回、放送している。毎回約50分で、ニュースやドキュメンタリーのほか、当事者が自分の生い立ちを語る「私の歴史」のコーナーなどがある。キャスターやコメンテーターも当事者。毎回十数人が企画や撮影に加わる。

 原点は、16年前に事業所の利用者と職員で訪れたスウェーデンだ。当事者が情報誌やラジオ番組をつくる活動を視察し、「いつか自分たちも」と夢を温めてきた。

 ◆普段から積極的に

 知人の映像制作会社社長の協力を得て、昨年2月から準備を開始。入所施設での虐待を描くドラマの稽古をしていたさなかの昨年7月、相模原事件が起きた。ドラマには、事件を受けて、みんなで話し合って追加したせりふが2つある。「好きで障害者になったんじゃないや」「私ら生きてたらあかんのか」

続きを読む

「ライフ」のランキング