産経ニュース

【書評】生き残る可能性を高める 『現代危機管理論 現代の危機の諸相と対策』公共政策調査会編

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
生き残る可能性を高める 『現代危機管理論 現代の危機の諸相と対策』公共政策調査会編

 国内では地震や水害など自然災害による犠牲が相次ぎ、世界的には、テロや感染症の爆発的拡散(パンデミック)など、地球上どこにも安全地帯はない-。そんな世相を反映してか「危機管理」がブームだ。

 危機管理をテーマとする書籍は多く、内容も安全保障やテロを扱うものから防犯防災、企業における経営上の問題回避を説くものまで、千差万別だ。しかし、つまるところ、危機管理とは何なのか?

 ボーイスカウト運動の創始者で英陸軍少将だったロバート・ベーデン・パウエル(1857~1941年)は「備えよ、常に」という言葉を好んだ。

 パウエルはスカウト精神の神髄を「起こるかもしれないアクシデントや状況を事前に考えることにより、そのときに的確な行動をとれるように自己を律して心の準備をし、体を鍛えて身の準備を行うこと」と語っている。

 公共政策調査会の板橋功・研究センター長は「これこそまさに危機管理の要諦だ」と指摘する。

 「何が危機なのか」を想像し、できる限りの回避手段を考え、遭遇した場合に被害を最小化する-それを組織や個々人が日頃から意識することで、いざというとき、生き残る可能性が高まるのである。

続きを読む

「ライフ」のランキング