産経ニュース

カメムシ類大量発生 斑点米の原因、長野県内に注意報

ライフ ライフ

記事詳細

更新


カメムシ類大量発生 斑点米の原因、長野県内に注意報

斑点米の原因となるカメムシの一種「アカヒゲホソミドリカスミカメ」(県病害虫防除所提供) 斑点米の原因となるカメムシの一種「アカヒゲホソミドリカスミカメ」(県病害虫防除所提供)

 長野県病害虫防除所(須坂市)は、出穂期の水稲に被害を与えるカメムシ類が例年に比べ、大量発生しているとして、県内全域に注意報を発令し防除を呼びかけている。

 注意報の発令は2年連続。カメムシ類の多くがコメの汁を吸う害虫。取りつかれたコメは、黒い斑点ができる「斑点米」となり、品質が大きく低下する。

 県内のほ場で大量発生が認められたのは、体長6ミリ程度の「アカヒゲホソミドリカスミカメ」という種類。5月から行っている調査で、県内の観測地点6カ所(上田、伊那、飯田、安曇野、須坂の5市と南木曽町)のうち、安曇野市を除く5地点で、平年に比べ1・7~6・6倍の個体数が確認された。特に飯田市での発生が顕著という。

 同防除所によると、カメムシ類は気温が高いと活動が活発になるといい、気象庁の予報だと県内は、平年に比べ気温が高いことが見込まれる。

 早生種の「あきたこまち」は、今月下旬には出穂期を迎えることから、薬剤散布などの対応が必要となる。同防除所は、各地域の農業改良普及所や農協などを通し、生産農家に適切な防除などの技術指導を行っている。

「ライフ」のランキング